並行現実の強化
ポッドキャスト「並行現実の強化」の番組アーカイブです。新しい文明を創造していくために、私たちが個人レベルの意識進化や行動指針、世界全体的な予測などを放送しています。
ポッドキャスト番組「アルクトゥルスの分析官」

番組のテーマ

メインテーマは「予測不能な世界を予測し、新しい文明を創造する」です。今までと比べ、圧倒的に気づいていくために、広大な視野の獲得、兆しの把握、システムの理解を深堀りしていきます。

番組が扱う要素

前シリーズの多次元性を活用し、実際にこれからの世界を予測し、これからの時代を開拓し、新しい文明を集合意識レベルで開発していく。より広大な意識の領域を扱います。

番組の特徴

特徴は、意識や宇宙の開発にフォーカスしている点です。いいかえると「岩戸を開いていく」ことに着目しています。システムに使われない、テクノロジーに振り回されない、デキゴトに右往左往しない。むしろ、現象を創造し、使っていく。そのための情報共有と解析レポートです。

ポッドキャストと台本

惑星の進化、国の成長、個人の自立

時間の加速が起きている。直線時空の概念が薄くなっている。文明の移行が起きている。そういった激変の時期に、新しい環境に適応し、新しい文化・文明という統合システムを創造する。

エピソード

Spotifyで聞く
アルクトゥルスの分析官 - 惑星の進化、国の成長、個人の自立
Google Podcasts
Googleで聞く

台本ページ

惑星の進化、国の成長、個人の自立
「惑星の進化、国の成長、個人の自立」の台本

現実創造のしくみと課題

意識の周期と地球自体の変容もあり、現実創造のシステムが変わってきている。すでに、これまでの願望実現メソッドではうまくいかない兆しがある。これからの現実創造は、統合されたシステム全体を意識して最適に作用していく。そのシステム仕様を明確にするための解析と逆行分析。

エピソード

Spotifyで聞く
アルクトゥルスの分析官 - 現実創造のしくみと課題
Google Podcasts
Googleで聞く

台本ページ

現実創造のしくみと課題
「現実創造のしくみと課題」の台本

日本人に適した抽象的な現実創造

日本という地域とそこで生活する人々は、意識の構造が銀河文明のミニチュア版のようになっている。よって、これまでの文化・文明は合わないわけで、現実創造のメソッドもシステム的に適していない。
ということは、地域や集合的な意識に合わせた最適なメソッドというものがあるわけで、それはとても抽象的で全体的なものである。そのわかりやすい例が言霊(ゲンレイ、コトタマ)なのである。

エピソード

Spotifyで聞く
アルクトゥルスの分析官 - 日本人に適した抽象的な現実創造
Google Podcasts
Googleで聞く

台本ページ

日本人に適した抽象的な現実創造
「日本人に適した抽象的な現実創造」の台本

新感覚で世界と関わり、認識を拡大する

立春から春分までの準備・適合期間に最適なエピソード。マインドの檻と幻想システムを認識し、外していくために、他者の概念や刷り込みを外していく。
そのうえで、どのように世界と関わっていくか。新しい情報やエナジーと連動していくか。それが世界をどのように知覚するかと関係していきます。
ゼロベースかつアンラーン状態で世界を知覚するためのプログラム。

エピソード

Spotifyで聞く
アルクトゥルスの分析官 - アセンションを手放そう、高次元を忘れよう
Google Podcasts
Googleで聞く

台本ページ

新感覚で世界と関わり、認識を拡大する
「新感覚で世界と関わり、認識を拡大する」の台本

アセンションを手放そう、高次元を忘れよう

古いモノを握りしめ、それらに固執し続けていると、新しいものはつかめない。それはアセンションや次元上昇といった概念も同じ。手放す、断捨離を強調する業界だからこそ、手放さなければ先に進めないモノもある。
そんな、私たちの盲点を明らかにしているエピソード。

エピソード

Spotifyで聞く
アルクトゥルスの分析官 - アセンションを手放そう、高次元を忘れよう
Google Podcasts
Googleで聞く

台本ページ

アセンションを手放そう、高次元を忘れよう
「アセンションを手放そう、高次元を忘れよう」の台本

意外と気づかない、環境の重要性

音的にいうと、都市は砂漠のような状態。波動やバイブス、エナジー的にいうと、あるべきものがまったくないような状態になっている。それは、多様性を切り捨ててしまった結果である。
環境課題に見えない世界からアプローチしたエピソード。

エピソード

Spotifyで聞く
アルクトゥルスの分析官 - 意外と気づかない、環境の重要性
Google Podcasts
Googleで聞く

台本ページ

意外と気づかない、環境の重要性
「意外と気づかない、環境の重要性」の台本

原因は自分を含む集合意識

世界で起きていることは、私たち全員の責任である。自分を切り離して責任を転嫁したところで、地上人類の集合意識に影響を与えている一員としての責任は消えることはない。
さらに、結果に近い世界で振り回されている状態だと、困難は消えない。なぜなら、意識は結果と原因の相互作用であり、双方向通信であるため、アプリオリはアポステリオリの初期化されたデータであることと同じなのである。
意識監査プログラムを音声データで実行したエピソード。

エピソード

Spotifyで聞く
アルクトゥルスの分析官 - 【緊急配信】原因は自分を含む集合意識
Google Podcasts
Googleで聞く

台本ページ

原因は自分を含む集合意識
「原因は自分を含む集合意識」の台本

私たちは日常的に戦争をしている

ネットやソーシャルメディアで誰かを叩いたり、誹謗中傷したり、攻撃するようなアートやコンテンツを流布する。それは、戦争の習慣であり、もっというと戦争に遠隔加担している。
そういった現実をハッキリと認識することで、プロパガンダや多数決、その他コントロールを手放していく。そのための、感覚レポート。
意識のミクロとマクロについてレポートしたエピソード。

エピソード

Spotifyで聞く
アルクトゥルスの分析官 - 私たちは日常的に戦争をしている
Google Podcasts
Googleで聞く

台本ページ

私たちは日常的に戦争をしている
「私たちは日常的に戦争をしている」の台本

もう知識の時代は終わり

終りを迎えている太陽文明。一方通行で、直線的な時系列で、知識を詰め込む文明であった。その文明が終了しているというシグナルを自然環境が頻繁に発している。しかし、私たちは気づかない。
気づきも歪曲してしまう。まるでインディーズなアーティストやシーンがメジャーレーベルに取り込まれ、商業的にコモディティ化してしまうように。それはどうして起こるのか。
意識テックとシステム思考で世界を調べる上流思考なエピソード。

エピソード

Spotifyで聞く
アルクトゥルスの分析官 - もう知識の時代は終わり
Google Podcasts
Googleで聞く

台本ページ

もう知識の時代は終わり
「もう知識の時代は終わり」の台本

認知負荷は進化に必要

なぜアセンションを手放すのか。なぜ光と闇の概念を外すのか。なぜ、今の状態でパラレルワールドを語ることに意味はないのか。
それは前提としての起点もそうですが、気づきを増やさない状態で語ることに効果がないからです。気づきを増やす、圧倒的に気づいていくとは、扱える情報量をどんどん増やすこと。
それは意識の拡大、認識する次元を増やすことを意味します。つまり、認知負荷を感じていない状態で進化を語ることに意味はないわけです。
進化を情報テクノロジーで理解する、先進的なエピソード。

エピソード

Spotifyで聞く
アルクトゥルスの分析官 - 認知負荷は進化に必要
Google Podcasts
Googleで聞く

台本ページ

認知負荷は進化に必要
「認知負荷は進化に必要」の台本

常識という詐欺システム

なぜ常識は詐欺なのか。集合的なトリックなのか。それは言葉を解析することで判明し、文明を観察することで理解され、システムをハックするとわかってくること。詐欺システムとは、マインドの檻と幻想システムのこと。それを卒業していくには全容を知らなければならない。
文明をリバース・エンジニアリングした、革新的なエピソード。

エピソード

Spotifyで聞く
アルクトゥルスの分析官 - 常識という詐欺システム
Google Podcasts
Googleで聞く

台本ページ

常識という詐欺システム
「常識という詐欺システム」の台本