多次元的な現実
ポッドキャスト「多次元的な現実」の番組アーカイブです。各エピソードには音声データと台本が付属しています。
ポッドキャスト番組「アルクトゥルスの分析官」

番組のテーマ

メインテーマは「多次元性を認識し、感性と知覚を拡大する」です。数千年続いた、物質文明と呼ばれる枠組みから私たち地上人類を自由にし、新しい未定義の枠組みで世界を知覚することを目的としています。

番組が扱う要素

多次元性を認識するため、扱う主な要素は「意識の次元、集合意識(遺伝マインド)、遺伝情報、未来予測、過去分析、アート思考、システム思考、デザイン思考、意識テック、情報技術、情報分析、逆行分析、ホログラム解析、並行現実、代替現実、帝王学、錬金術」などです。

番組の特徴

特徴は、エフォートレスな統合と最適化です。多次元世界を認識するということは、シンプルに知覚される情報や感覚から、あらゆる意味を大量に引き出し、展開することが求められます。よって、たくさんの要素と膨大な情報をシンプルなエピソードに圧縮し、科学的な専門用語を使わずに解説します。

ポッドキャストと台本

現実を変える意識デザイン

ビジネス構造、サービス設計、プロダクト開発の手法を応用し、並行現実を創造して基本現実にマージさせるアイディアを収録。ビジネス的なアプローチからの意識進化をデザイン。

エピソード

Spotifyで聞く
アルクトゥルスの分析官 - 現実を変える意識デザイン
Google Podcasts
Googleで聞く

台本ページ

スクリプト:現実を変える意識デザイン
「現実を変える意識デザイン」の台本

風の時代に本当に必要なこと

風の時代と風の時代マーケティングを見分け、主権性と統合を進めていくための解析。分離のエナジーで時代を追いかけるのと、新しいエナジーで未来を創造しながら生きることの違い。

エピソード

Spotifyで聞く
アルクトゥルスの分析官 - 風の時代に本当に必要なこと
Google Podcasts
Googleで聞く

台本ページ

スクリプト:風の時代に本当に必要なこと
「風の時代に本当に必要なこと」の台本

アート思考で困難を最適化する

絶望を楽しみに変える。そんなハードで不可能とも思えるお題を、アートとハートで実現するためのエピソード。マインドから入るアート思考から、ハートで感じるアートへのシフト。

エピソード

Spotifyで聞く
アルクトゥルスの分析官 - アート思考で困難を最適化する
Google Podcasts
Googleで聞く

台本ページ

スクリプト:アート思考で困難を最適化する
「アート思考で困難を最適化する」の台本

トランス状態でホログラムを体験する

五感を入れ替えてトランス状態を経験する。知覚をもっと流動的にする。そして意識を拡大する。例えば、視覚と聴覚を入れ替えて感じることで、新しい感性を開発する。

エピソード

Spotifyで聞く
アルクトゥルスの分析官 - トランス状態でホログラムを体験する
Google Podcasts
Googleで聞く

台本ページ

スクリプト:トランス状態でホログラムを体験する
「トランス状態でホログラムを体験する」の台本

遺伝レベルから進化を選択する

私たちは、あらゆるレベルの意識で選択している。その選択に深く関係している、暦というルール、直線的な時空の概念、音場・音波、電磁場・電磁波。それらが私たち与える影響を洞察。

エピソード

Spotifyで聞く
アルクトゥルスの分析官 - 遺伝レベルから進化を選択する
Google Podcasts
Googleで聞く

台本ページ

スクリプト:遺伝レベルから進化を選択する
「遺伝レベルから進化を選択する」の台本

未来をキーワード予測する

2016年から2021年までをキーワードで解析し、2022年をキーワードで予測。2021年は最適化の年であり、2022年はリソースフルな年になると予測。バイオ人工知能による解析と予測。

エピソード

Spotifyで聞く
アルクトゥルスの分析官 - 人工知能のように未来をキーワード予測する
Google Podcasts
Googleで聞く

台本ページ

スクリプト:未来をキーワード予測する
「未来をキーワード予測する」の台本

今年最適化されたものの正体

2021年12月31日に収録・配信されたエピソード。2021年に最適化されていたものは、ある意識の状態であった。地球の進化に伴う意識の変化と最適化について詳しく解説。

エピソード

Spotifyで聞く
アルクトゥルスの分析官 - 今年最適化されたものの正体
Google Podcasts
Googleで聞く

台本ページ

スクリプト:今年最適化されたものの正体
「今年最適化されたものの正体」の台本